グルコサミンとコンドロイチンとの相乗効果

グルコサミンは軟骨を構成する原材料として働いていて、軟骨の実現や修理をする働きがあります。コンドロイチンには軟骨の中の潤いを保持してバッファ性を高めたり、軟骨に栄養や酵素を運んで軟骨を助けるという働きがあります。こういう効果でとも「関節痛の分散に有難い」と言われて人気ですが、本当はこういう2系統は単体で摂取するよりも2系統共々服用するため「軟骨の負荷を修理、実現しながら軟骨を助ける」という役割を果たすことが出来るようになります。どちらか片方だけの威力の場合には軟骨の実現などに間がかかってしまったり、修理にばかり原材料をつぎ込んでしまって実現することが出来ず、症状が見直しにくいについてになってしまうケーが、一気に摂取するとそれぞれの威力をサポートする相乗効果が期待できると言われています。
真に臨床テストを行ったところ、2系統を同時に摂取した人のほうが疼痛の分散やあるく行程が伸びたという公表もあります。また、一気に摂取するためグルコサミンの吸収レートが良くなるとも言われています。
効率よく関節痛を改善したいについてには、どちらか一つではなくとも共に摂取するようにすると良いでしょう。

▲ページトップに戻る