グルコサミンは

グルコサミンはアミノ糖という、アミノ酸と糖が結合したものだ。

軟骨や腱に大きく存在していて、細胞や組織を結合する職務を担っています。
サプリメントに使われているものは、エビやかにの甲羅から取り出したものです。

テレビのサプリメントのCMではよく、お婆さんが登場して「膝の痛みが弱くなった」「スタスタと歩けるようになったので、これでトリップにも行けます」などと使用したそれぞれがイメージなどを言われていますが、このように偏り性膝関節症で膝が厳しいそれぞれに使用するのが適しているようです。

偏り性膝関節症は膝の軟骨が年代とともに減少するために、膝に疼痛を感じたり取り回しづらくなる病気だ。
使い続けているうちにすり減ってしまうという状態だ。

サプリメントの場合、毎日1000~2000mgのグルコサミンを服用すると、膝の痛みや切り回しにくさが軽減するという見聞があるようです。
コンドロイチンと併用すると賢明だという報道もあります。

若い人が年中なんとなくこういうサプリメントを使用し続けると、すり減った部分の恢復役目が低下することもあります。
外から補う事で予めあった本人恢復役目が、自分の代わりに仕事をしてくれるそれぞれがいるからと他一任になって、サボって仕舞うのでしょう。

使用する際は、医師に相談してから扱うことをお勧めします。

▲ページトップに戻る