コンドロイチンについて

コンドロイチンはボディの軟骨・肌・粘膜や五臓六腑などあらゆる場所に存在しますが、最も大きな役割を果たしているのは軟骨の中頃だ。軟骨の弾力は水気を取り入れる結果保たれていますが、その水気を軟骨に運ぶ役割を果たしてある。血管は軟骨の中頃を通っていませんので軟骨は血から栄養素を得ることができません。このため、血管に代わって水気や栄養素を軟骨に運搬してその役割を果たす結果、軟骨の弾力を維持してある。コンドロイチンはプロテオグルカンという軟骨部分の中に存在していますが、歳を重ねるにつれて減少しますので、ミールにて補ってやることで退化を防止することができます。ミールではサメの軟骨・うなぎ・スッポン・山芋・オクラ・メカブなどぬるぬるしたものに手広く含まれています。また、グルコサミンが元になっていますので、グルコサミンと共に摂取するのが効果類と言われており、市販されているグルコサミンサプリは大部分含まれています。軟骨に貢献するだけでなく、若々しさを保ってくれる素材ですので常々ミールから投薬できれば申し分ありませんが難しいと思われますので、グルコサミンサプリの公開を読むと含まれているかどうか分かりますのlで、含まれているものを常用することをお勧めします。

▲ページトップに戻る