コンドロイチンの効果機能

コンドロイチンは軟骨の効果やフレキシビリティーを高めていることはそれほど知られています。また軟骨を分解する酵素を調節したり、コラーゲンの調合を支える効果もあります。
身体の中の様々な内臓、肌、粘膜における根源で、若さとパワフルを保つサプリメント、化粧品など大きく使われている。そのわかり易い効果、用途は次の通りです。
関節痛の進歩
すり減った軟骨に潤いを引きよせて保水性、フレキシビリティーをあたえて、損傷した軟骨を修復して甦生させます。
骨粗しょう症防止
骨の主成分のカルシウム代謝に激しくかかわりカルシウムが活発化する結果、骨が丈夫になり骨折の回早めます。
高血圧の防止
血当事者のコレステロール、過酸化脂質を除去する結果高血圧、動脈硬化の予防をします。
目の健康に
涙ものの根源につき、ドライアイなど点眼薬に使われている。白内障など手術後のまぶた圧を押し下げる効果もあります。
同じ働きをするムコ多サッカリドの仲間にグルコサミンという根源がありますが、二つの違いはグルコサミンの方が分子数量が狭い結果理解百分比が違う。共に軟骨をはじめ様々な健康維持やアンチエイジングにかかせない根源だ。
グルコサミン&コンドロイチンは成長期にカラダで生成されて退化とともに減少し、中高年では義務数量の20分の1程度しかつくられません。なのでグルコサミン&コンドロイチンをいっしょに摂取するとシナジーで効率よく高い効果が得られます。

▲ページトップに戻る