コンドロイチンの職歴

コンドロイチンは化学的にはムコ多サッカリドに分類されるもので、他のムコ多サッカリドと同様にボディの各所に存在しています。断然軟骨に数多く存在していて重要なコンポーネントの1つになると共々、フレキシビリティーを確保して軟骨の体系保護の役割を果たしているという特徴があります。
全身で重要な材質の1つですが、その検証の年季は意外に浅いものであり、認知自体が19世紀の半分になっています。鳥獣の関節の中から抽出に成功し、その事が語源にもなっていてギリシア語で「軟骨の根本」を意味する陳述からコンドロイチンと命名されています。
化学構造の特別や薬剤としての検証は1940年頃から本格的に始まってあり、最初は頭痛の緩和目的で検証されていたという資料があります。以後検証が急速に進み、1950年頃になると関節の神経痛や変形性関節症の進化・眼精疲労や角膜手助けといった大きい効果が認められるようになり、ひいては元々ボディにも存在する材質です実例から外給付を経ても副作用のリスクが少ない事も認められて、合致様子に対する医薬品としての公認を得ています。
現在では他のムコ多サッカリドと結合して、関節や表皮の体系保護の相乗効果を狙ったサプリメントも大きく販売されるようになっています。

▲ページトップに戻る