コンドロイチンは

「関節の痛みに効く」と広告でよく聞くコンドロイチンをご存知ですか。肩書きはよく聞くけど、具体的にどういうものか、いかなる効果があるのか思い付かという奴は大勢います。本当はこういう根本は根っから我々の体調における根本だ。そのため安心して摂取することができるのです。では、どういうものかと言うと、関節の骨と骨の間には軟骨というものが存在しています。こういう軟骨は骨同士の間でバッファの責任を通してあり、関節を滑らかに取り回す実行があります。あんな軟骨にはおっきい張りがある結果、骨の驚がくをやわらげることができるのです。その張りを上げる責任をしているのがコンドロイチンだ。これは軟骨根本の一つで、軟骨に湿気を保持する働きがあります。このおかげで軟骨はバッファとしての役割を果たすことができるのです。ただし、こういう軟骨は永久にその状態を保つわけではありません。体の退化とともに徐々に減少してしまう。そうすると軟骨の張りも鎮まり、バッファとしての効力が不十分になる結果、関節に負担をかけるようになり関節痛や関節炎を起こすのです。そのため、サプリメントなどで軟骨根本を摂取すると軟骨のマイナスを防ぐとともに再構築を促すことにもなり、関節の痛みを緩和する効果があるのです。

▲ページトップに戻る