タマゴサミンのもとで軟骨をもてなし

中高年の顧客に多いのが、崩れ性膝関節症です。

崩れ性膝関節症は、膝折関節の軟骨がすり減ってしまい、膝を曲げたり伸ばしたりすると、痛みが出るトラブルです。

崩れ性膝関節症の多くは、ゼロ次回性関節症と言われる系統です。

この系統は、関節の軟骨がすり減って痛苦が起こりますが、その原因はいまだに判明していません。

退化やふくよか、おばさんホルモンの反映など、望める要因は様々です。

退化や、膝の使いすぎなどにより、軟骨にわれ目ができるって、軟骨を作っているコラーゲンなどが鎮まり、軟骨がもろくなります。

そうして、関節液内のヒアルロン酸が減少すると、バッファが弱くなり、炎症が起こる原因となります。

軟骨の繋がりをスムーズにするためには、ヒアルロン酸をサポートする元凶が必要です。

タマゴサミンには、ヒアルロン酸をサポートする元凶が豊富に含まれています。

この元凶は、iHAと呼ばれ、タマゴの卵黄から抽出されています。

タマゴサミンには、栄養が1粒に濃密して含まれている結果、1日に必要な分量は3粒だけでいいのです。

また、タマゴサミンには、軟骨の2割を占めるコラーゲンに加え、軟骨を決める元凶であるグルコサミンも含まれており、軟骨の繋がりを強力にサポートします。

▲ページトップに戻る