ヒアルロン酸について

ヒアルロン酸は、体内の水分を保つのに働きます。
まぶたの水晶人体や、表皮の真皮に手広く塞がり、粘性が厳しく表皮や筋肉、軟骨を構成します。そうして、細胞個々をはりつける使途をしています。保水力に優れ、1グラムで約6リットルという水を保持できるのです。まぶたの中の水分を保ったり、ツヤやハリのある表皮にするなど、方々で働いくる。体内の水分を保つには欠かせない養分だ。
加齢によって表皮の弾性や張りが失われることがありますが、これは、表皮のヒアルロン酸が低下するためです。表皮における線維芽細胞によって作られていますが、こういう細胞のスペックが低下する結果、減ってしまうのです。こういう線維芽細胞はネットワークが損傷すると、エラスチン、コラーゲンなどを生成し細胞の甦生をします。ですから、こういう細胞が上手く働かないと、表皮のツヤや弾性がなくなったり行う。一際、表皮の水分が低下するとシワやタルミの原因になってしまう。表皮を幼く保つためにも、気をつけたいですね。
線維芽細胞ですが、世代やUV、重圧、コスメティックなどが影響し老化していきます。防ぐためには活性酸素から続ける必要があります。虎の巻として抗酸化作用のあるビタミンCやポリフェノールを取ると良いでしょう。

▲ページトップに戻る