ヒアルロン酸の年季

ビューティー人肌科などでビューティー手当に利用されているヒアルロン酸は前もって人間の人肌や関節の中に存在している根源で在り副作用が少ない事態から注目を集めています。
こういう良好根源の職歴は1934年代に牛の眼球の硝子ボディから分離されたのが発端だと言われており、1942年代には犬の関節の故障再生に有効であることが判明し、1958年代には網膜剥離の術後に硝子ボディ置換テクニックに良好というレポートが受け取れるなどの職歴を持ちます。
以後、1960年代にはオーストリアで眼球オペレーションの際に利用されるお手伝い剤として発売され、1970年代には競走馬の故障性関節炎、1974年代には偏り性膝関節症に良好、1979年代にアメリカ及びカナダで眼球オペレーションときのお手伝い剤として発売されるなどの職歴があります。
牛の眼球の硝子ボディから分離した根源ですことから、眼球に関するオペレーションに利用される事が手広く在ったのですが、偏り性膝関節症の手当や慢性関節リウマチにおける膝関節痛や肩関節身の回り炎などにも効果を持つなどが判明した結果広い効能で活用されるようになりました。
尚、ヒアルロン酸の語源は硝子体の「Hyaloid」及びウロン酸の「Uronic acid」の二つを組み合わせて「Hyaluronic acid」と命名されたと言われています。

▲ページトップに戻る