歳とともに加わる関節の恐れ

年齢を重ねるにつれ、膝や肘、腰などの関節の苦痛を生じるようになります。それは関節痛・関節炎と言いますが、何で苦痛を芽生えるようになるのかご存知ですか。人の関節の骨と骨の間には軟骨が存在しています。これはバッファのベネフィットを通してあり、骨にかかる不安を軽減し、滑らかに関節を動かす営みがあります。ただし、人の体は年齢によって衰えるようにカラダも年齢が起きて骨も弱ってくると同時に、軟骨も減少したり、それにより変形してしまう。そうするとその関節の周りの筋肉や法人への不安が大きくなり、炎症を起こしてしまうのです。また、歪曲割り当てが神経を刺激してしまうために痛みが生じる場合もあります。
このように年齢と共に重なる関節の苦痛の原因は体内の関節の年齢だ。今までバッファのベネフィットを通していたものが、そのベネフィットを上手くできなくなったために関節が曲がり辛くなり、曲げると苦痛を生ずるようになるのです。そういう関節痛に対して病棟では事由そのものを直すというよりも変調を緩和する取り扱い療法を行います。年齢を止めることはできないからです。ですからそういう取り扱い療法も必要ですが、それではその原因となる年齢を抑制する結果普段からメニューや生活習慣に気をつけることも大切です。

▲ページトップに戻る