肘の関節痛 異変

肘の関節痛はテニス肘と呼ばれ、テニススポーツマンに多いことからこういう名がついたと言われています。
テニス以外でもスカッシュやラケットボールなどラケットによるなどでも見られます。
ただし、ほかにも腕を使う契機の多い自身や、繰り返しおんなじリアクションを行った先でもこの症状は起こる可能性があります。
就労では秘訣を使う軽運転をされているお客様や端末課題が中心となるお仕事をされているほうが該当します。
正式病名は「二の腕骨外柄顆炎」といいます。
こういう二の腕骨の外柄顆という部位には、手首を手の甲の者にかける筋肉があります。
手首や秘訣の指を過度に使用すると、こういう筋肉に慢性的に炎症が起こったり、
骨と筋肉上端の沈着部が部分的に剥離することで、テニス肘となってしまう。
異変としては肘の外を押すと痛みをもらい、手首を手の甲の者に移すときにも、おんなじパーツが痛みます。
日常のリアクションでは、入口の取っ手を回す場合や、ぞうきんを絞るなど、手首をひねるリアクションをする状況で痛みが発生します。
しかし、安静時には痛みが起き難いことから、自覚がない自身は採掘が遅れ易い傾向にあります。
秘訣の関節を、手の内を下に対し、上にそらせるようにすると、痛みを感じることが派手と言われています。

▲ページトップに戻る