関節痛から望める主な病気

関節痛を主な訴えとする病気は、いくつくらいあるでしょうか?
誠に、200以上はあると言われています。

どぎつい痛みで致死的病気としては、感染性気持ち気持ち膜炎や化膿性関節炎があげられます。
痛風も、乗り物の親指関節が力強く痛みます。

慢性関節痛で多いのが、歪曲性膝関節症やヘパーデン結節、プシャール結節、関節リウマチだ。

歪曲性膝関節症は、O脚の中年が要注意と言われています。進度初期が痛くて、歩いているうちに軽減するのが特徴です。

ヘパーデン結節は、指の第二関節(爪という関節が第一関節)のこわばり、むくみ、痛みが起ります。
プシャール結節は、指の第一関節が同様にこわばったり、腫れたり、痛くなったり行なう。

関節リウマチは、多関節が痛みます。寝起きに指がこわばり、その連続タイミングが半傍続きます。ヘパーデンやプシャールよりもこわばりの連続タイミングが長いだ。

ヘパーデンもプシャールも関節リウマチも親仁以降の女性に多いのですが、関節リウマチまずは微熱や全体疲労、食欲不振が貫くことが大半です。

これらの病気以外にシェーグレン症候群、若い人では全体性エリテマトーデス(SLE)なども考えられます。
いずれも膠原病で、全体疲労や微熱、食欲不振などを向き合うことが多いです。

これらの恰好が見られるときは、リウマチ科や膠原病科を受診することをお勧めします。
和風リウマチ学会のホームページから、お近くの専門医を検索できます。

▲ページトップに戻る