関節痛の原因

関節痛の原因は多々ありますが、お婆さんが訴える疼痛は変形性関節症なのであることが多いです。
これは、関節の年齢にによる疾患だ。
若い人の軟骨は、骨と骨が直接接触することを防ぐバッファものの役割を果たしますが、
加齢とともに、ウェイトが要する部位の軟骨はグングンすり減って赴き、その役割を果たすことができなくなっていきます。
もう一度、ウェイトが掛かり辛いポイントも、関節の骨が狂い行う。
軟骨は向上性に貧しく、加齢やそれに伴う筋力の低下によってすり減る一方になります。
このことから、残念ながら老化した軟骨は若返らせることはできないことになります。
少し細かく見ていくと、前もって軟骨はホワイトからイエロー調音として、潤いが減ってしまいます。
そうして、弾力が低下し、関節を動かしたときにスレが大きくなって、徐々にすり減って行くという手順をたどって軟骨が老化していきます。
このようにして軟骨がすり減るため、骨と骨が直接ぶつかってしまうなどの異常をきたし、関節痛が起こります。
よって、お婆さんでなくても、先天性の作用不全、過去の疾病やケガ、過激な動きや重度の重労働など、
年齢以外にも軟骨に過度の負担がかかると、若い人でも同様に疼痛を知らせることが主としてあります。

▲ページトップに戻る