関節痛は

関節に何らかの不規則がおこり炎症して腫れると、関節炎になり苦痛がともないます。こういう苦痛が関節痛で見た目は腫れたり、固まったり、ゼロケ所だけだったり、複数個だったり炎症で苦痛の種類も違う。関節炎をおこして苦痛の出る病気はたくさんありますが、最高峰代表的なものを紹介します。
変形性関節症
関節の苦痛の原因で、最高峰多い代表的な病気だ。骨と骨にかけのバッファの役割をする軟骨が、退化によりすり減ってゆがみすることで炎症して苦痛がでます。最高峰多い膝関節では、長年歩いた下や実践後に苦痛がでてくる。進行すると起き上がるだけでも苦痛がともないゆっくり歩けなくなってくる。
また成人の股関節、膝関節、こぶし関節、脊椎にも言えることがあります。慢性的にスパンがともなってゆがみするため、X線で不規則が確認できます。
関節リウマチ
3先以上の関節にも炎症がある場合は、関節リウマチの可能性が高くなります。膠原疾患の一種で感染症による全体的免疫不規則が原因となり、影響対称にこわばりがでたり苦痛がともなって浮腫があります。関節痛のほか微熱、倦怠感、眼や口の渇き、食欲不振などの見た目がともないます。進行すると関節のゆがみやベネフィット難題をおこし、日々に苦悩を生じてくる。

▲ページトップに戻る