関節痛を侮るなかれ

関節痛を放っておくと、関節が狂いし、膝に水が溜まってしまう。
関節の形が変わるため、痛みが出る障害を変形性関節症といいますが、これは膝に起こり易く、老化や、激しい作用によって膝を酷使するためにおきます。膝を酷使すると、歩いたら筋や腱が張って痛みが出ますが、長年その状勢が続いたり、硬い苦悩がかかかったりすると軟骨や半月板が変性する。すると、関節が炎症をおこし、膝に水が溜まってしまう。
水が貯まる状勢を水腫と言い、関節包から滑液が過剰に分泌されるために起こります。滑液は関節をスムーズに移す潤滑油という役割を通じてあり、ほかにも、血管の通っていない軟骨に栄養を与える働きをします。ただし、炎症が置きたりすると、過剰に分泌向かうのです。そのため、水が貯まる状態になります。水が溜まってしまうと、関節内部の触発が高まり関節が不安定になります。すると、滑液に圧迫されて血行が悪くなるのです。この状態では、曲げ伸ばしに痛みが現れる結果取り回すことができず、もっと炎症を起こして滑液の過剰分泌が起きるという手詰まりに陥ります。
関節痛を放っておくと関節の形が変わって、水が止まり易くなります。多少なりともつらいと感じたら、整形外科で診察を受けるなど早めの対応を心がけましょう。

▲ページトップに戻る